YUDECHANG / ゆでちゃん (feat​.​BOOL)

by world's end girlfriend

supported by
/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

     $2 USD

     

about

MUSIC VIDEO (with eng sub) youtu.be/qHd13-XXP0Q LIVE VIDEO youtu.be/4jKmiXQEFQA world's end girlfriend ニューシングル「ゆでちゃん (feat.BOOL)」が12月23日(23時)レーベル公式Bandcampより配信限定リリース。
(*iTunes, Amazon mp3,その他配信サイトでも販売中。)

world's end girlfriend release new song”YUDECHANG feat.BOOL” 23:00,23rd Dec 2013 exclusively on Virgin Babylon officilal Bandcamp.
(iTunes, Amazon mp3 or others are from mid-Feb. 2014.)

今作はジャケットを「ギャラクシー銀座」「クリームソーダシティー」の長尾謙一郎が担当、作詞/朗読でポエムコアのオリジネーター BOOLが参加。マスタリングはKASHIWA Daisukeが担当。
25分にわたる大作ポエムコア。
恐ろしさと切なさと笑いと闇が同時に渦巻く圧倒的音世界。
まだ名前のない感情にふれる。
わたしたちは「ゆでちゃん」
すべての「ゆでちゃん」に捧ぐ。

The song is about 25min long and feautured BOOL of〈POEM CORE TOKYO〉who advocates new music style”POEM CORE” which causes a buzz among TOKYO also Japan.
"YUDECHANG" is your fear, your sadness, your darkness, and our comedy.
iT's a Chaotic world.
the WORLD is YUDECHANG, YUDECHANG is the WORLD.
We are YUDECHANG.
Dedicated to ALL YUDECHANG.

music: world's end girlfriend
lyric: BOOL poemcoretokyo.bandcamp.com painted: Kenichiro Nagao kenichironagao.com mastering: KASHIWA Daisuke (stellar dialogue studio)

www.virgin-babylon-records.com

lyrics

これは ゆでちゃんの物語だ
This is a story about YUDECHANG


オハヨーゆでちゃん
みんなで遊びに来ましたよ
50代のおばさん連中が
ゆでちゃんの住むアパートに
早朝から
勝手に押し掛けて来たわけだ
“Moring, YUDECHANG we all come by!”
50’s women barged into YUDECHANG’s place early in the morning

動物のドキュメンタリービデオを
夜遅くまで見ていた
ゆでちゃんからしたら
たまったものではない
こんなことならしっかりと
部屋の鍵を閉めておくべきだった
ゆでちゃんは後悔した
It’s brutal for YUDECHANG
as he stayed up late to watch an animal documentary.
Gosh, I should rock my door, he regrets.

ゆでちゃんは目を開ける
大体が知らないばばあだ
He opens his eyes.
Most of hags he doesn’t know

ゆでちゃんは逃避するように
頭から布団をかぶる
He pulls the comforters up and covers his head like he’s trying to escape

も~ ゆでちゃん起きてよ
みんなでせっかく来たんだからさ~
“Come on, Get up! We come all the way here.”

ゆでちゃんは沈黙を貫く
YUDECHANG keeps silence

ね~ みんな 
ゆでちゃん布団から出てこない気だから
無理矢理 布団を剥いじゃいましょ鵜よ
せーの
“Well ,ladies, seems he won’t come out from this comforter.
Let’s pull it over, heave-ho!”

やめろ やめろ ふざけるな 
ゆでちゃん必死に布団を押さえた
だが おばさん4人の腕力には勝てなかった
“No! Stop! Fuck you!”
He desperate tries to keep his comforter
Four women’s arms are much stronger than him though.

ほーら出て来た
あら ゆでちゃん
ま~
“I see you, YUDECHANG ! Oh, boy…”

剥がされた布団から出て来たのは
白ブリーフ一枚のゆでちゃん44歳 
 元詩人 現在無職  
手にはどういう訳かヌガーの包み紙が
握られている
Under the ripped comforter, 
There is 44 years old YUDECHANG wearing a pure white brief only,
Ex-poet, now unemployed,
Holding a nougat bar in his hand, don’t know why.



ゆでちゃんは古い中華飯店で
ラーメンをすすっていた
ワカメとネギ 
シナチクとナルト
YUDECHANG is sipping ramen noodle in an old Chinese restaurant
Seaweeds and leeks
Menma and Naruto

衛星軌道に乗った初めてのブリーフ
持ち主は当然ゆでちゃん
なぜなら
ゆでちゃんはアイアンメンのように
高速浮遊術が使えるのです
The very first brief gets on a satellite track
It belongs to YUDECHANG, of cause
Because he can levitate fast like the Ironman

2時間前、ゆでちゃんは
垂直に高度をあげて  
うち上がった
それはもうロケットのごとく
高度が大気圏外まで達したとき
衛星軌道に向けてみずからの 
白ブリーフを解き放ったのである
Two-hours before, YUDECHANG vertically-launched just like a rocket
When he reached outer space, he released his own pure white brief on satellite track

現在 ゆでちゃんのブリーフは
時速 28400kmで地球の周りを回っている
すなわち ブリーフを脱ぎ捨てた
ゆでちゃんは
全裸でラーメンをすすっていることになる
Now,his bref moves around the earth at 7.9 km/sec.
He thrown away his brief.Which measn he sips Ramen noodle with nothing on

塩 醤油 バター 豚骨 
お団子頭の女子
芸能人のサイン 
Salt, Soy souse, butter, Tonkotsu
A girl with bun hair
Autographs of celebrities

そんなものに興味は無い
味噌 ゆでちゃん 味噌
その一点につきる
ゆでちゃんの目はいつになく真剣だった
He doen’t care those thing
Miso, YUDECHANG, Miso
That’s all.
He has serious eyes unusually



珍しくゆでちゃんは合同コンパ
通称合コンというやつに参加している
いつもはブリーフ一枚のゆでちゃんだけど
今回は若いレディーの前ということで
ビシッと紺色のジャージ 上下で決めている
It’s quite rare; YUDECHANG is at speed-dating
Usually he wears pure white brief only but today there’re many young ladies
He is dressed up nice navy sweat suit.

今回の会合の幹事であり
ゆでちゃんの親友でも
ある奥村は時計をチラチラと見て気にしている
そうなのだ 肝心のレディー達が
まだ到着していないのだ
The organizer also his best friend OKUMURA is constantly check the time.
Yes, the most important thing, the ladies, not show up yet.

他の男性参加者が奥村に口々に文句を言う中
ゆでちゃんは 腕を組み
目を閉じたまま沈黙を貫いている
All guys complain about it except YUDECHANG
He says nothing, just crosses his arms across his chest and closes his eyes.

そんな ゆでちゃんの 
静けさの中のただならぬ殺気に
他の男達も気づき場に沈黙が流れる
Guys notice his serious blood-thirsty tense in the silence and it makes them quite, too.

実は ゆでちゃん 緊張しているのだ
Actually YUDECHANG is extremely nervous.

普段から ばばあ共にはモテモテのゆでちゃんだが
若いレディー達の前ともなると勝手が違う
どう振る舞うべきかいろいろとシュミュレーション
を頭の中で繰り返す
He is always successful with grannies but not with young ladies.
He simulates how to act again and again in his head.

ハニワ 密林 パンプキンケーキ 
中央分離帯にリス3匹 名古屋城付近
カポエラ使い テリーメンの髪型
Haniwa(clay figure), jungle, pumpkin cake,
Three squirrels on center median, round Nagoya castle,
Capoeira master, Terryman's hair style.

やがて1時間遅れで女性陣が到着する
これといって美人はいないが 
不美人もいない
ゆでちゃん達 
中年にはもったいないくらい
のレディーがやって来たのだ
After an hour late,ladies show up finally
They’re not stunning but not ugly
Way too good for middle age men like YUDECHANG

奥村の乾杯の 挨拶を皮切りに
自己紹介タイムが行われた
ゆでちゃんは知っていた
この自己紹介タイムの第一印象で
この会合における
自分の立ち位置がきまること
すなわちこの自己紹介が成功すれば
レディーとのベットインも
成功したようなものなのだ
After Okumura’s toast, self-introduction little speech starts.
YUDECHANG knows the first impression of this speech makes his place tonight.


つぎつぎに自己紹介がなされ
とうとうゆでちゃんの番がやってくる
After some self-introductions, it’s YUDECHANG’s turn finally.

ゆでちゃんは静かに口を開く
He stars to speak quietly,

袴田ユデ彦 46歳 童貞 
仕事は 現在無職であります
特技は 高速浮遊
趣味は・・・
ゆでちゃんはここで
それまでつぶっていた目をカッと見開く
“ I’m Yudehiko Hakamada, 46, cherry.
My occupation is…. Now unemployed.
My skill is…. high speed levitate,
My hobby is…..”
He suddenly opens his eyes widely

 趣味は勉強でございます
“My hobby is studying”

ゆでちゃんの趣味は勉強
どうやら ゆでちゃんは
自分を高く見せようとしてしまったようだ
Hobby is studying…sounds like he tried to be ennobled himself.



現代都市生活者につきまとう 
病理 すなわちストレス
ゆでちゃんはその発散方法の一つとして
コンピュータゲームを選択していた
携帯型ゲーム機4BS本体に 
カセットを挿入する
Disease of people in a modern-urban city, The stress.
The one of a way to dispel it,YUDECHANG chose computer games.
He plugs a software to portable game player 4BS.

ロード後 モニターに映し出されたのは
帽子ブラザーズのタイトル画面
つい先ほど中古ショップから
購入したばかりの
新作タイトルだ
After loading, title of Casquette brothers
on the screen.
It’s a new game that YUDECHANG bought at second-hand shop just a little while ago.

ゆでちゃんは最初からフルパワーで
コントローラーのボタンに連射を打ち込む
当然 モニターの中の
メタボリック帽子男は
フルパワーで走り始める
Right from the start,YUDECHANG beating game controller buttons at full power.
A metabolic Casquette man on screen also runs at top speed

しかし向かいからは巨大栗の怪物
「くりぽー」が悠々と闊歩してくる
通常ならばジャンプをすることで
この危機を乗り越えられるのだが
ゆでちゃんは一歩も引かない
そのまま一直線にダッシュ
A giant chestnut monster “Kuripo” is approaching, towards to him.
Usually he jumps to overcome this crisis.
But this time, he’s not give in an inch. He keeps a mad dash. 

ここで逃げたら
俺はもう一生立ち直れなくなる
If I run away,I won’t recover never ever in my life.

気づくとゆでちゃんも一緒に
街中を疾走していた
ゲーム機を構え
ブリーフ一枚
闇夜を駆ける
The next thing,YUDECHANG also sprints in town
holding his game player, wearing a pure white brief only
Run in the dark night

メタボリック帽子男に
くりぽーが迫るのと同じように
現実のゆでちゃんにもダンプカーが迫る
The same with Kuripo approach to the metabolic Casquette man,
A tipper lorry is approaching to YUDECHAN in real-life

ゆでちゃんはどうなる
このあと ゆでちゃんはどうなるというのか
What happens to him?
What do you expect to happen to him next?

そのあと
After that

メタボリック帽子男とゆでちゃんは 
共に蒲田シティーの路上に立っていた
奇跡が起きたのだ 
The metabolic Casquette man and YUDECHAN stand on a street in KAMATA-city together
Some miracle had happened.

意気投合した ゆでちゃんとメタボリック帽子男は一晩中
公園で飲み明かしたと聞く
They had clicked and drunk all over a night together in a park,I hear.



南国の孤島
ビーチにはバカンスを楽しむ
資本主義経済の勝者達
On an isolated island in tropical south.
There’re winners of capitalist economy
enjoying their vacation on the beach

ゆでちゃんは
そうした一団が戯れる
区画とは離れた場所で
一人作業に没頭していた
4ヶ月ぶりに手にした仕事
それがこの島に6週間住み込みで
独り 芋を掘るという仕事だった
Far from the area where those people have fun
YUDECHANG is devoted only to his work alone
The work he got after four months is
digging for sweet potatoes alone ,live in this island for six weeks.

一日のノルマ分
掘った芋は倉庫の中に入れておく
朝になると倉庫の芋はどこかに
運ばれている
その繰り返しを4日ほど続けている 
最初に作業説明に来ただけの
片言の現地スタッフはいたが
現場を監督する人もいない
本当に一人きりの作業
All his daily quota potatoes are put in warehouse at the end of day.
All potatoes are gone to somewhere by next morning.
That is the thing repeats last four days.
There was local staffs who speaks a smattering of Japanese at the first day
But there was no foreman, just YUDECHANG himself.

ただ芋を手作業で掘り起こしていく
意味などは無く
ただ 金を稼ぐために
手を動かす
Keep digging sweet potatoes by hands.
There’s no meaning. Just to earn money.
He keeps digging

早く日本に帰りたい
この仕事を終えたときに入ってくる
金があれば、3ヶ月は働かなくても
暮らしていけるはずだ
“Want to back Japan soon,
I can live without work for next three months with the salary of this."

土 芋 遠くに海と空
Soil, potato, sea and sky in the distance
 土 芋 遠くに海と空
Soil, potato, sea and sky in the distance
  土 芋 土 女 
Soil, potato, soil, girls.
   芋芋女芋
Potato, potato, girls, potato…
    
ゆでちゃんは次第に
この掘り起こした芋が
若い女性に思えて来たのだ
そう考えるとこの作業がとても楽しくなった
土を掘っていくと 
女の子達が笑顔でゆでちゃんを迎えてくれる
沢山の女の子に囲まれるゆでちゃん
Then those potatoes start to look like girls to YUDECHANG.
That makes this work so fun.
Digging into the earth then smiling girls welcomes him.
He's surrounded by many girls.

作業最終週
ゆでちゃんはミリナという
一人の芋の少女に恋心を抱いてしまった
ミリナはあどけない顔に似合わない
とてもグラマラスなボディーをしていた
その夜、ゆでちゃんは倉庫でミリナと一緒に
体を重ねて 寝たのだった
The last week of the work,
YUDECHANHG falls in love with a potato girl named Mirina.
Mirina has a baby face with curvy body.  
They slept together in warehouse that night.

朝目を覚ますと
大勢女の子達はどこかに運ばれていた
当然ミリナもすでにそこにはいなかった
The next morning when YUDECHANG woke up
Many girls had taken away to somewhere includes Milina.
She's gone.

放心状態のまま残りの作業期間を終えて
日本に帰宅した ゆでちゃん
YUDECHANG has taken on an absent-mindness
During his rest work period and back to home in Japan 

自宅に帰る途中近所の八百屋の店先を見て
ゆでちゃんは戦慄した
そこにはあのミリナが笑顔で立っていたのだ
On his way to home, he glanced a local greengrocery and trembles all over.
There is Mirina,she's standing and smiling there

これは神が与えた奇跡なのか・・・
Is this a miracle that god creates….

その数日後
芋を抱えた、タキシードのゆでちゃんが
白いチャペルから
楽しげに出て来たと聞きます 
Few days later,YUDECHANG in a tuxedo is with a potato
came out very happily from a white chapel. I heard.





最近ネットで話題になっている新しいジャンルの
音楽だ
サウンド的にはBPMの遅いダークなトラックの上に
オリジナルの「呪文」がひたすら
詠唱され続けている
不気味なサウンドだ
It's a new music genre popular on the internet recently,
The sound is so creepy and wired.
Chanting original "Spells" on dark slow BPM tracks.

その音楽を最初にはじめたのは日本人の
ハンバーガージョニーという
21歳の大学生
The first Japanese started Spellwave was 21 years old college student named Hamburger Johnny.

ハンバーガージョニーのアルバムが
ドイツのネットレーベルからリリースされ
徐々に話題となりヨーロッパ全体に広がりだした
最近日本にも逆輸入的に紹介され
ネット音楽を好む層を中心に
話題になっている
そしてハンバーガージョニーの主催する
ネットレーベルSpellwave Tokyo
からは常に刺激的な音源がリリースされている
His album had released from German net label then became popular among Europe.
Recently reimport to Japan and get attention from net music lovers.
Netlabel "Spellwave Tokyo" by Hamburger Johnny always release exciting music.

Spellwave Tokyoのリリースパーティーには毎回沢山の
若者が集まる。コスプレ美少女からギャルっぽい娘まで
綺麗どころが大勢遊びに来ている訳だ
そんなSpellwaveシーンの状況を
嫉妬の眼差しで見ている男がいた
The release party of Spellwave Tokyo is always full with young people.
From cute cosplayer to Gyarus, many beauties come to have fun there.
There's a man watching Spellwave scene with a jealous eye,

ゆでちゃん37歳だ
YUDECHANG, 37 years old


ゆでちゃんはブリーフ一枚
暗い部屋でPCモニターを眺めている
YUDECHANG wearing a white brief only.
He is staring at the PC monitor in a dark room.

ゆでちゃんは3年前ポエムコアという
新しいジャンルを作り出し
一時、めろめろ動画界隈では話題になった
勢いにのったゆでちゃんは
ポエムコアライフというネットレーベルを立ち上げて
イベントも開催したのだった
YUDECHANG created new music genre "POEM CORE" three years ago.
He became famous around "Mero Mero Doga"(a video sharing website).
YUDECHANG who had gained momentum,
made his netlabel “POEM CORE LIFE” and organized own events.

しかしそれは話題になったような気がしていただけで
実際の結果は散々
レーベルのリリースは音源が集まらなくて
4作品でストップ
クラブを借りて意気込んで開催したイベントには
お客さんが7人しか入らなかったのだ
But it only felt like having become the topic, the result was awful.
He couldn’t get enough music to relase.It was only four titles then stop.
He was determined to rent a whole club venue for his event
But only seven guests showed up.

Spellwaveとポエムコアはサウンド的にはよく似た感じだった
そのことがゆでちゃんの嫉妬心をさらに肥大させた
モニターに反射するゆでちゃんの歪んだ顔は
ひどく滑稽だった
Spellwave and POEM CORE were similar in sound
That makes YUDECHANG more strongly jealous.
The distorted face of YUDECHANG reflects on monitor screen is very funny.

ゆでちゃんは制作したポエムコア音源を
Spellwave Tokyoに送ったこともあるが、方向性が
合わないという理由でリリース出来なかった
YUDECHANG send his POEM CORE music to Spellwave Tokyo before.
But they rejected to release as different direction.

確かに Spellwaveは圧倒的にスタイリッシュで
ダンスミュージックとしての完成度も高かった
ポエムコアは所詮、スカムなネタ程度のものという認識で
忘れ去られたのだ
It’s true, Spellwave is much more stylish and high-quality dance music.
POEM CORE is rubbish things like scums and people forget it.

それでもゆでちゃんは現在までポエムコアを作り続けている
真っ白だったブリーフも大分黄ばんでいる
But YUDECHANG keeps making POEM CORE still now.
The pure white brief turns yellow.

ゆでちゃんはこの一曲に
ポエムコア再生の全てをかけていた
全24時間に及ぶ大作
「ひとで物語」だ
現在ミックス作業を残すのみという段階まできている
YUDECHANG is spending all his energy on one song for POEM CORE's revival.
The total time is 24 hours, a huge work ”Story of HITODE(starfish)”,
now only mixing is left.

しかしゆでちゃんは今夜行われる
Spellwave Tokyoのイベントが気になっていた
But YUDECHANG is so curious about Spellwave Tokyo’s event tonight.

ポエムコアのイベントを開いたときに
お客さんの中に一人だけ
女の子が来ていた 
20代前半ぐらいで 蒼い髪をしていて
フロアの隅でポエムに合わせ
妖精の様に ゆらゆらと体を揺らしていた
When he held POEM CORE event, there was only one girl in the audience.
She was in her early 20’s and had blue hair.
She waved her body to the poem like a fairy in the corner of room.

イベント全体でお客さんが7人とはいえ
自分のイベントに可愛い女性が来てくれたことが
うれしくて たまらずに話しかけたのだ
昔から若い女性が苦手で
現在も男ばかりの工場に勤務する
ゆでちゃんにとって
その行為はとても珍しいことだった
The audience was only 7 people,
he was so happy that very cute girl like her came to his event.
So he spoke to her.
It’s quite unusual of him as he’s always too shy to speak with young ladies.
Now he works at an all-male factory.

「ゆでひこです 今日はイベントに遊びに来てくれてありがとうございます」
“Hi, I’m Yudehiko, Thanks for coming today”

「ゆでひこさんの ポエムコアいつもお家で聴いてます」
“I always enjoy your POEM CORE at home.”

「ありがとうございます 何かお酒でも飲みますか」
“Thank you, do you want something to drink?"

ゆでちゃんは女の子にドリンクを奢ろうとしたのだ
YUDECHANG tried to buy her a drink

「いえ お酒は大丈夫です・・・あたしバイクで来てるんで
  ミネラルウォーターなら・・・」
“oh, I don’t need alcohol, I came here by motorbike so. a bottled water, perhaps?”
「ちょっと待っていてくださいね」
“Sure, wait a sec”

ゆでちゃんはカウンターでミネラルウォーターを注文し
彼女に手渡した
YUDECHANG ordered a bottled water and gave it to her.

「ありがとうございます
   ゆでひこさん その・・・本当にブリーフ一枚なんですね」
“Thank you. Er….really, you wears a brief only,Yudehiko”

「あっ ごめんなさいレディーの前でブリーフ一枚なんて
  本来ありえないですよね でもこれ僕のポリシーなんですよ
  あ、あの ポエムコアのどんなところが好きなんですか?」
“oh, sorry. yes,There’s no way to OK standing in front of lady with a brief only.
But this is my policy.What,what point of POEM CORE you like?”


「ポエムコア・・・の好きなところ
 ごめんなさい 
 あたし ゆでひこさん以外のポエムコア
 あんまり聴いてなくて
 ゆでひこさんの作品の
 好きなところなら答えられますけど・・・」
“I like …sorry I don’t know well about POEM CORE besides yours.
 I can tell my favorite points of your POEM CORE”


 「聞かせててください」
“Tell me”

「ださいところかな ださいけど暖かいところが好きです」
“Uncool style. It’s uncool and heart worming”

 ゆでちゃんはそのときとても舞い上がった
He felt on top of the world.

しかし 現在その蒼い髪の女性は
Spellwave Tokyoのイベントの常連で
露出度の高いアニメキャラの
コスプレをしていると風の噂で聞いた
But that blue hair girl is a regular of Spellwave Tokyo event.
She does cosplay of Anime character with skimpy outfit.

Spellwave Tokyoのイベントがやはり気になる
He’s curious about Spellwave Tokyo’s event after all.

ゆでちゃんの嫉妬心は
音楽の化け物を生み出す燃料だ
His jealousy is the fuel to produce a monster of the music.

息抜きもこめてイベントに行ってみるか・・・
コスプレ美少女も拝見できることだし・・・
For my relaxation, maybe I'll try to go and see…
Perhaps I can see cute cosplay girls, also….

ギャルブランドのパーカーをブリーフの上に羽織る
これは、とある
カリスマギャルモデルのトークショーで行われた
じゃんけん大会で 10代のギャルを尻目に
37歳のゆでちゃんが勝ち進み
ゲットした一張羅だ
He put on a Gyarus-bland hoodie and a brief.
This is his best clothe that he won by scissors-paper-stone tournament of a charisma gyaru model’s talk session.YUDECHANG 37 years old man beated teenage gyaru.

黒い一輪車にまたがる ゆでちゃん
蒲田シティーから、渋谷までこいつで
闇の中をこぎ出す 
YUDECHANG rides a black unicycle.
From KAMATA-city to SHIBUYA
Kick off in the dark

たぶん、ゆでちゃんが渋谷に着く頃には
Spellwave Tokyoのイベントは
とっくに終了しているだろう
完全な無駄足だと彼を笑うのは簡単だ
Perhaps Spellwave Tokyo event has finished before he arrives at SHIBUYA.
It’s easy to laugh at him totally wasted trip.

しかし
全ての答えは出ていない
いずれ正しさの基準なんてものは覆される 
But all answers are not given yet.
The rules of right will be change at some stage 
  
全てのゆでちゃんは 
そのまま 闇を突き進んでかまわない
All YUDECHANG is OK to keep rushing forward in the dark

ゆでちゃんは 一人ではない 
YUDECHANG is not alone,

あなたも ゆでちゃんであるように
You are YUDECHANG also.

credits

released December 23, 2013

tags

license

all rights reserved

about

Virgin Babylon Records Tokyo, Japan

We Are The Music Makers, And We Are The Dreamers Of Dreams.
We Present Resistance & The Blessing Through Our Music Works.

contact / help

Contact Virgin Babylon Records

Streaming and
Download help

Redeem code